お雑煮とタラバがに
地方によって急激な変化を見せるものもあります。

例えば「お雑煮」

お雑煮という名前らしく地方によってさまざまな表情を見せてくれるお雑煮。
私は関東出身の為、京都の「白みそに丸餅の甘いお雑煮」を知った時はショックでした。マジか。って。

江戸の「菜っ葉と鶏で名取りの雑煮(しょうゆ味)」を知った時はダジャレか!と思いながらもそのストレートさに打ちのめされました。上手いし。今では我が家ではたまにお昼ご飯のメニューとして採用されています。

そして実家の雑煮は「けんちん汁の中にお餅」というもの。けんちん汁の中におそばを入れる地方ですからお雑煮もそのついでのようなものなのでしょうか。これはこれで美味しいですが、けんちんって具がいっぱい入っているから準備がちょっと大変です。でもサトイモごぼうが入っているので便秘にはてきめんです。
お汁なのでするする食べられるし、お困りの方はお試しください。何を言っているんだ、お雑煮の話でした。

お雑煮じゃないけれど、静岡や愛知地方では甘酒の中にお餅を入れるそうですね。ちょっとやってみたい。甘党じゃない人は受け入れにくそうですけど餡子や砂糖醤油が受け入れられて甘酒を仲間はずれにするとは何事か!という気持ちです。食の好みは人それぞれですけれど。

話は変わって今年の帰省のおみやげはタラバがににしました。甥っ子たちが大好きなんです。タラバがに

持っていくのは大変なので直接実家へ配送。通販って便利なものです。

肝心のかにはタラバがに通販バカ売れ店ベスト5さん一押しのかに本舗さんで注文。ものすごく手広く展開しているお店のようなので
心配はいらないでしょう。

甥っ子たちの喜ぶ顔が楽しみです^^