お雑煮とタラバがに

地方によって急激な変化を見せるものもあります。

例えば「お雑煮」

お雑煮という名前らしく地方によってさまざまな表情を見せてくれるお雑煮。
私は関東出身の為、京都の「白みそに丸餅の甘いお雑煮」を知った時はショックでした。マジか。って。

江戸の「菜っ葉と鶏で名取りの雑煮(しょうゆ味)」を知った時はダジャレか!と思いながらもそのストレートさに打ちのめされました。上手いし。今では我が家ではたまにお昼ご飯のメニューとして採用されています。

そして実家の雑煮は「けんちん汁の中にお餅」というもの。けんちん汁の中におそばを入れる地方ですからお雑煮もそのついでのようなものなのでしょうか。これはこれで美味しいですが、けんちんって具がいっぱい入っているから準備がちょっと大変です。でもサトイモごぼうが入っているので便秘にはてきめんです。
お汁なのでするする食べられるし、お困りの方はお試しください。何を言っているんだ、お雑煮の話でした。

お雑煮じゃないけれど、静岡や愛知地方では甘酒の中にお餅を入れるそうですね。ちょっとやってみたい。甘党じゃない人は受け入れにくそうですけど餡子や砂糖醤油が受け入れられて甘酒を仲間はずれにするとは何事か!という気持ちです。食の好みは人それぞれですけれど。

話は変わって今年の帰省のおみやげはタラバがににしました。甥っ子たちが大好きなんです。タラバがに

持っていくのは大変なので直接実家へ配送。通販って便利なものです。

肝心のかにはタラバがに通販バカ売れ店ベスト5さん一押しのかに本舗さんで注文。ものすごく手広く展開しているお店のようなので
心配はいらないでしょう。

甥っ子たちの喜ぶ顔が楽しみです^^

おさがりならぬおあがり

夕方、夜勤の旦那さんのお弁当を届けてから子どものお迎えです。

 

 

12856456

 

 

 

今日はそのまま帰りに買い物に行くつもりだったので、ちゃんとお財布も持ってお出かけです。

子どもたちを乗せてから、そこから車で5分くらいのスーパーへ。

 

そこは3階建てで、下から食料品&雑貨、衣料品&家電&ゲームコーナー、駐車場となっています。
とりあえず2階から回ります。

息子はゲームコーナーに走って行き、私と娘は洋服売り場へ。

 

何でも、制服の下に着るためのタンクトップが欲しいとのこと。

 

キャミを着てたんですが、みんながタンクトップだから私もそれがいい、というのです。

でもこれが意外にないんですよね。

娘はスリムなので、大人用のMサイズでは大きすぎて、結局スポーツブラが見えてしまいます。

たまたまスポーツタイプのちょっとタイトなタンクトップがあったのでそれをとりあえず2枚ほど購入しましたが、それでは着替え用に足りません。

 

またどこかで探さなくては・・・。

 

そして、息子のおさがりならぬおあがりを着ているのですが、メンズのは確かにはきやすいので、それがとても気に入った様子。

 

もっと欲しい様子だったのですが、息子のをぶんどられても困るので、買うように言いました。

しかし、これまた納得いくデザインが無くて断念。

子ども会のイベント

今日は子ども会のイベントで流しそうめん

3547646235

親たちはあれやこれやと苦労した割りには

子どもたちは早々に食べ終わり、みんなで遊び始めます。

すぐ近くに小さな川があり、そこでカニをとったりもできるんです。

が、さすがに連日の大雨で濁っており、いつものようにカニがたくさん見えるわけではなかったので、ちょっとつまらなかったみたいです。

 

それでも、鬼ごっこをしたりして食後にも関わらず散々遊んだようでした。

もともと汗かきの息子のTシャツは色が変わっています(笑)

これを車に乗せるの嫌だなぁ~。

 

まぁそうも言っておられず、終わったら即車に乗せて移動です。

だって、この後は子どもたち、乗馬なんです。

そのために着替えなども全部車の中に入っています。

 

ちょっと早かったけど、着替えたり休憩したりする時間もあるので、とっとと馬術場に連れて行っておろしました。

そして私は帰宅なんですが、普通に駐車場に停めてちょっと後悔。

 

だってね、持って降りる荷物がすごかったんです。

本立て2つ、足がもうでっかくなっている子どもたちと私のシューズ、そしてお土産にもらったペットボトルのジュースなど、なんだか大盛り。

うちの社宅の駐車場からうちまでは結構距離があって、これ全部抱えていくのは大変でした。

 

次は忘れずに、荷物おろしてから車停めようと思いました。